花巻市営バスに乗車する

花巻市営バスをご存知でしょうか.いわゆる自治体運行の80条バスで,岩手県の花巻市内,土沢駅を起点にいくつかの路線を運行しています.

さて,このバスを運行受託しているのが「東和町総合サービス公社」ですが,公式HPの路線バス案内を見ますと,マニアとしては大変興味をひかれる車両が映っているのがわかります.これは是非とも乗ってみたいということで,今回新幹線での日帰りで乗車を試みました.

しかしながら,事前にネットでリサーチしようとするとあまりに情報が少ないことがわかります.それもそのはず,先ほどのHPの時刻表を見ると分かるように,余所者が興味本位で乗るには大変難しいダイヤになっています.

田瀬線:平日1往復,土日2往復
中内線:月木のみ2往復,それ以外1往復
山の神線:平日1往復,土日2往復
浮田線:平日1往復,土日2往復
小山田線:月木のみ2往復,それ以外1往復

しかも実際には1往復の路線は朝に駅方向,夕方に山方向で片道回送となるため,単純に行って帰ってという往復乗車ができないということになります.一方,2往復の路線はこれに日中の駅発の1往復運行が加わる形になり,余所者は基本的にこれに乗るしか選択肢がありません.

またHPを見ると,大型車は山の神線と小山田線に充てられているということが覗えます.これらを踏まえて,今回は平日の木曜日に行ってきました.

(1) 花巻駅12:00→雲南桜前12:32 岩手県交通 元都営KC-MK219J
まずは土沢に向かいます.釜石線でも良いのですが,岩手県交通が並行して路線を持っているのでこちらを利用しました.車両は元都営のエアロミディ.
IMG_8203.jpg
終点の雲南桜前.こちらは,市営バスの旧土沢小学校前と同じ場所になります.

IMG_8204.jpg
時刻表を確認.30分ほど待っていると・・・

IMG_8211.jpg
何やら黄色くて長いバスが!本当に生きていたんだと分かって一安心.(出庫ルート読み違えましたが)

(2)旧土沢小学校前13:05→南川目13:34 花巻市営バス U-MP618P(?)
目的のバスに乗車.自家用のバスというよりもしっかり路線バスらしい仕様で,整理券発行機や両替機能付き運賃箱,運賃表示器に音声合成装置までしっかり完備しています.でもなぜかTVが設置(笑) この手のバスだと放送も何もないというパターンがありがちだったので予想外でした.

IMG_8214.jpg
終点南川目にて.周辺には何もありません・・・.

(3) 南川目13:40→コミュニティセンター前14:02 花巻市営バス U-MP618P(?)
IMG_8221.jpg
どうやって折り返すんだろうと思ったら,奥の三叉路まで進んで転回していました.
往復とも貸し切り乗車というわけではなく,地元と思わしき方が数名乗られていました.もっともこのサイズでは明らかに輸送力過剰ですが(苦笑)
土沢手前のコミュニティセンター前停留所は2回通過するため,撮影のために下車してみました.

IMG_8226.jpg
もうめちゃくちゃカッコいい.来てよかったと思えた瞬間でした.

この近くに車庫があるので,少しのぞいてみました.

IMG_8227.jpg

IMG_8228.jpg
エアロKは2台いるんですね.山の神の表示を出しているので夕方出庫するのでしょう.ブルリはスクール運用かな?あわよくばこっちも乗ってみたかったけど・・・などと思いつつ.

(3)土沢中町14:37→花巻駅15:07 岩手県交通 元KKK U-LV324K
(4)花巻駅16:10→土沢中町16:39 岩手県交通 元KKK U-LV324K
ここにいてもすることがないので,1回花巻に戻って夕方またやってきました.往復ともU-LVで個人的には良かったですがHPのネタは稼げませんでしたね(笑)

夕方便の出庫までまだ時間があったのでもう一度車庫をのぞいてみると・・・

IMG_8290.jpg
なんとブルリの幕が変わっている・・・そして三坊木!?
てっきりエルガミオが充当すると思っていた浮田線に充当することが判明.というか,スクールと路線両方こなすんですね・・・.

ともあれ,先ほどの交差点で出庫ラッシュの撮影を.
IMG_8295.jpg

IMG_8299.jpg

IMG_8303.jpg

IMG_8311.jpg
ブルリもめちゃくちゃカッコいいじゃないですか.

そして・・・

(5) 東和総合支所前17:44→三坊木18:13 花巻市営バス KC-HU3KMCA(?)
ブルリにも乗車!
実は浮田線は事前に終点から先の解決策を考えていたので,エルガミオでも夕方の便に乗ろうと考えていました.なのでブルリが入ったのは幸運以外の何物でもありません(そもそもエルガミオが1台しかいなかったのが誤算でしたが…これは固定運用なんだろうか?).

高出力のFFシフト装備という音的にも非常にポイントの高い車両.

IMG_8319.jpg
終点三坊木の折り返し所.真っ暗で何も見えません・・・.

さて,終点から先の解決策を事前に考えておいたと書きました.それは何かというと・・・

(6) 三坊木→村崎野駅 45分
徒歩ですが何か!!(笑)

三坊木から東北本線の村崎野駅までは基本的に1本道で5km程度です.かつてはこの路線も村崎野から先,県立中部病院まで乗り入れていたとか.
で,45分程度なら大したことないと思われるかもしれませんが,とにかく道が暗い&歩道がない!対向車に轢かれ無いよう常に気を使いながら歩いていました.実際危なっかしいのでご覧の方にあまりおすすめはできませんね.もし真似される方がいたら反射材などを身に着けておいた方が良いかと….


やっとの思いで村崎野駅に着き,1駅電車に乗って北上から新幹線で東京へ.無事に日帰りを果たしました.

で,エアロKとブルリ共に乗車でき,思った以上に収穫の大きい旅行でした.最近あまりバス趣味のために遠出をしていなかったので,久しぶりに楽しめたと思います.特にエアロKは車齢も高いでしょうし,いつまで活躍してくれるのか気になるところです.
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック