ユーザータグ : 港屋インスパイアの記事 (1/1)

なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。@新橋店

新橋のなぜ蕎麦にラー油を入れるのか。に行ってきました.


こちらは以前紹介した港屋インスパイア系壬生と同系列の店のようです.


20171025_054714000_iOS.jpg


20171025_054627000_iOS.jpg

JR新橋駅から汐留側に出て,ゆりかもめをくぐったところにある新橋駅前第一ビルの中にあります.


20171025_052611000_iOS.jpg

券売機をパシャリ.


14時過ぎの到着でしたが,席はすべて埋まっていました.


新橋というと港屋のお膝元ですが,アクセスはこちらのほうが分がありますね.


20171025_053042000_iOS.jpg

温かい鶏蕎麦大(790円)+肉大盛り(200円)


この日は寒かったこともあって温かいそばにしてみました.


つけ汁は基本的なスタイルは冷たいそばと変わらないですね.

鶏肉は最初からつけ汁に投入されているので,脂が染み出していい感じです.


そばは相変わらずキンキンに締められたパツンパツンのもの.


卓上の無料天かす,生卵,焦がしニンニク等でカスタマイズをしつつ食べ進めたら・・・

あっという間に完食してしまいました.


忘れずに蕎麦湯も頂き最後まで堪能.



やっぱり定期的に行きたくなりますね.


ごちそうさまでした.

関連記事
スポンサーサイト

壬生@池袋

池袋の壬生に行ってきました.


20170922_050741000_iOS.jpg

池袋駅から徒歩10分ほど.


蕎麦界の二郎ともいわれる港屋系のインスパイア店ですね.


なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。と問いかけていますが,同名の店舗が都内に数店存在します.


20170922_051530000_iOS.jpg

肉そば大(890円)


麺量は大中小とも同料金です.大で380gとのこと.

冷たいそばに,肉とたっぷりのネギ,海苔,ゴマが載せられています.


こちらの蕎麦の特徴はとにかくコシが強い,というよりもはや「硬い」.

そしてつけダレは触れ込みの通りラー油とごま油が効いていてかなり濃いめ.


この蕎麦とタレを一緒に啜れば,見た目だけでなく

蕎麦界の二郎と呼ばれる所以がわかるというものです.


さらに卓上の天かすと「生卵」は使い放題というのも嬉しい点.

無類の卵好きの私は3個も使ってしまいました(笑)


締めには蕎麦湯も頂き最後まで楽しませてもらいました.



この系統,もっと広まると良いと思いますね.


本家港屋にも行ってみたいけど,並ぶんだよなぁ・・・.



ごちそうさまでした.

関連記事