魚臣@日吉

日吉にある回転寿司,魚臣に行ってきました.

20170821_051011000_iOS.jpg
日吉駅すぐ,浜銀通り沿いにあります.

元々は平禄寿司というチェーンの回転寿司でしたが,いつの間にか魚臣という名前に変わりました.

ここで押さえておきたいのはやはりランチの丼メニューです.
回転寿司と言いながら普段は寿司皿が全く回っていません.

20170821_052408000_iOS.jpg
丼メニューは数種類ありますが今回は「ハーフ丼」.
こちらはマグロ,ネギトロ,サーモンから2種類のネタが選べるものです.

20170821_051459000_iOS.jpg
ハーフ丼(ネギトロ+サーモン:550円)

このボリュームにあおさの味噌汁もついて税込550円と非常にリーズナブルです.
ちなみに大盛は+50円,シャリがてんこ盛りになります.

これだけ安く寿司メニューが食べられるとあって,昼時には学生で行列ができるほどです.
かくいう私も大学1~2年のころは毎日のように通い詰めていました.


ちなみに通常の握り寿司は注文するとすぐ握ってくれます(職人さんの記憶力が凄い).
そもそも均一価格の回転寿司で職人さんが握ってくれるところもなかなかないと思いますが.

ここに来ていつも思うのは,決してネタが高級でなくても
職人さんが握ってくれる寿司は格段に美味しいということですね.
関連記事

豚星。@元住吉

盆明け営業再開初日,
豚星。に行ってきました.


小金井二郎出身の店主が営む店.
クオリティの高い二郎インスパイアのラーメンで人気です.

大学から近いこともあって移転当初から通い詰めていたりします.

日吉と元住吉のおよそ中間に位置しており自分は日吉側から歩いていきました.
バスだと「木月四丁目」が最寄り.

20170819_041545000_iOS.jpg
かなりの並びを覚悟していましたが思ったほどでもなく.外並び出るか出ないかギリギリのところでした.
タイミングが良かったのかな?

20170819_044906000_iOS.jpg
限定 冷やし中華A(900円) 海老辛

冷やし中華は三様食べましたが,個人的にはAが1番好きですね.
冷たい野菜とごまだれ,底のほうに入ったほんのり温かいアブラの相性がたまりません.
柔らか豚は安定した美味しさ.


ごちそうさまでした.
関連記事

麺屋ばばん@日吉

ここに来て「食」なるカテゴリを作ってみました.

・・・いつまで続くかは不明ですが.


日吉にある麺屋ばばんに行ってきました.
20170818_040815000_iOS.jpg
日吉駅からすぐ,サンロード沿いにあります.

二郎インスパイアのまぜそばを出すお店で,長らく綱島で営業していましたが
今年になって日吉に移転してきました.

綱島時代とは裏腹に店構えはあまり目立たないかもしれません.
今のところ店主1人で切り盛りされていて,恐らくですが従業員が見つかるまでは
この感じでいくのではないでしょうか.

20170818_041632000_iOS.jpg
まぜろう麺量270g(780円)+生卵(50円)

特にコールはなく,ニンニクとアブラはデフォルトで入ります.野菜マシは有料(50円)です.

甘めの濃いタレが麺と絡めてあり,その上に野菜,豚,肉味噌が乗ります.
豚は角切りで食感のあるもの.
この手の濃いタレには間違いなく生卵が合いますね.

すき焼き風にして美味しく頂きました.


今のところはほっそりと営業している感のあるこちら.
食券機を見るとまだ未開放のメニューもあるようなので,今後の展開に注目ですね.
関連記事

日吉線のノンステップ車

たまには地元ネタを.

短尺のワンステップ車に運用が限定されていた日吉線に
ノンステップ車が充当されるようになりました.

今日は確認しませんでしたが,7/31(月)から土日含め連日運用されています.

IMG_0062.jpg
初日から2日まではH1581が充当.

IMG_0075.jpg
3日以降はH1672が使用されています.

600番台廃車の影響でこのような展開になったのでしょうが,
20年来この路線を利用してきた沿線民としてはやはり驚きを隠せません.

それにしても,本来日吉線に対応しているはずのH1179,1180,1418あたりを
未だに見ないのは謎でありますが.

IMG_9917.jpg
車両の置き換えでこいつもひっそりと引退してしまったようです.
予備車ながらも日吉線では比較的よく見かける存在でありました.


今のところ運用は限定的ですが,これを機に日吉線に入る車両の幅が
広がってくれるのか,ちょっと楽しみではあります.
関連記事

P-LV走行音のバリエーション

IMG_0031[1]

先日山梨交通のP-LVに乗りに行きふと思い出した,
前々から疑問に思っていたP-LVの走行音のバリエーションについて
ちょっとまとめてみようと思います.

下記のリンクは全て弊サイトで公開している走行音です.

(1) 直結5速+フィンガーシフト
 ・新潟交通G954-I
意外とこのサンプルが無かったのですがまずは関東以外でよく見られたDD5速.

(2) 直結5速+ロッドシフト
 ・山梨交通C610
こちらは(1)のロッドシフト版.それほどフィンガー車と大きい違いはないでしょうか.

(3) OD付5速+フィンガーシフト
 ・南部バス 八戸200か359 ※元小田急バス
 ・羽後交通 秋田200か230 ※元臨港バス
 ・東海バス 沼津200か262 ※元都営バス
そしてこちらは関東圏で馴染み深いOD付5速.後継のU-LVにも通じるところのある走行音です.
ギア比が変わるだけで走行音の雰囲気が大きく異なることがわかりますね.

(4) OD付5速+ロッドシフト
 ・南部バス 八戸22か624 ※元京急バス
 ・十和田観光 八戸200か656 ※元山梨交通
 ・関鉄バス9178TC ※京成バス
 ・山梨交通C593 ※3速発進
 ・山梨交通C692 ※元国際興業バス
問題はこちらです.(3)がロッドシフトに変わっただけ・・・のはずなのですが,
走行音の雰囲気がやや異なり,特に2速と3速がDD5速とよく似ています

上記以外にも同形態の車両を収録していますが,
この違いはロッドシフト車とフィンガーシフト車という区分でほぼ間違いなさそうで,
なぜ(何によって)このような走行音の違いが生じているのか疑問です.

個人的にはギア比自体が変わっているような気がしますが,
それを確認する術もありませんので謎は謎のまま・・・

ご存知の方いらっしゃったら教えてくださいーというのがこの記事の結論でした(笑)


さて,上に貼った走行音の車両も今となっては大半が除籍となり,
P-LVに乗ること自体も難しくなってきましたね.

個人的には,あまりバリエーションの差にとらわれずに
悔いの無いよう記録を続けていきたいところであります.
関連記事